カリキュラム

社会福祉学科カリキュラム

社会福祉学科

Point1 選べるコースと実践的・体験的な学びを用意

3コース制で多様な進路を実現する社会福祉学科での学び

3コースの中から自分の進路・興味にぴったりの学びを選択できます。また、障がいのある人と学習支援を通じて協働する「オープンカレッジふれあい大学課程」や海外で学ぶ「海外研修」「ギャップ・セメスター・プログラム」等実践的・体験的な学びを多数用意しています。

詳しく見る

3コース制で多様な進路を実現する社会福祉学科での学び


Point2 充実した実習教育

社会福祉学科では、現場での実習を重視し、コースを問わず、実習科目を1つ以上必修としています。在学中に実習を行い、社会経験を積むことで、自身の世界観が広がり、社会に出た後に必ず役立ちます。
中でも、社会福祉コースの社会福祉士養成課程では、事前学習や事後学習等体系的に実施することで、理論的知識や実践的技術を確実に修得することができます。

詳しく見る

充実した実習教育


Point3 社会福祉士養成課程を持つ短期大学

社会福祉士になるには、国家試験に合格しなければなりません。国家試験を受験するためにも資格が必要で、4年制大学の社会福祉士養成課程で取得する等の方法があります。社会福祉コースでは、課程を修了することで「社会福祉士国家試験受験基礎資格」を取得することができ、取得後、相談援助実務2年を経ることによって、社会福祉士国家試験の受験が可能です。卒業後も継続して支援を行っており、2013年度社会福祉士国家試験では、福祉系大学等ルート(福祉系短大等+実務経験) 10人以上受験の学校で、合格率が全国で第1位でした。

詳しく見る

第26回 社会福祉士国家試験 合格率 全国第1位


このページのトップへ戻る