Q&A
Q1

Q1, 卒業後の就職先はどのようなところがありますか?

A1.

<社会福祉学科>
社会福祉の専門的知識を身につけ、社会福祉施設に就職する卒業生が多くいます。社会福祉施設では、高齢者の施設に就職する人が一番多いです。
ただし、「社会福祉学を学ぶ=(イコール)福祉施設への就職」だけではありません。福祉的な視点をもつことは、一般企業に就職する際にも役立ちます。
一般企業に就職する学生も少なくはありません。
福祉を学んだことが生かせるためか、サービス業に就いている卒業生が一般企業の中では多いです。

<こども教育学科>
まず、こども教育学科で取得できる資格・免許を生かした就職先としては、保育士資格の場合は、公立私立の保育所・保育園、また乳児院、児童養護施設、知的障害児者施設、学童保育指導員等があります。幼稚園教諭二種免許状を生かして、私公立の幼稚園に就職することも出来ます。
こども教育学科で学んだことをさらに深めるべく、4年制大学への編入学も可能です。保育福祉現場への就職ばかりでなく、その他一般企業への就職実績もあります。こども教育学科での学びを、それぞれ自分が輝くことのできる将来へとつなげていってほしいと思います。

短期大学部の就職状況はコチラ


Q2

Q2, 短期大学部から龍谷大学の4年制学部への編入学は可能ですか?

A2.

可能です。龍谷大学の4年制学部への編入学試験は、「一般編入学試験」と「指定校推薦編入学試験」があります。

本学短期大学部には、「指定校推薦編入学制度」があります。短期大学部での内部選考を通過した後、各学部の指定校推薦編入学試験を受験することになります。2015年度指定校推薦編入学試験では、合計99名の推薦枠がありました。本学の短期大学部には、他の短期大学に比して多くの指定校編入学の推薦枠が設定されているため、より有利な条件のもと、龍谷大学の4年制学部への編入学を将来の進路のひとつとして考えることができます。

他大学からの指定校推薦編入学試験や、一般編入学試験による進学実績も多数あります。


Q3

Q3, 他学部と同じ校舎で学ぶのですか?

A3.

文学部(1〜2年生)、経済学部、経営学部、法学部、政策学部、国際学部の文系学部と同じ深草キャンパスが短期大学部の拠点です。教室をはじめ、食堂やその他の施設、設備等について も他学部と共有しています。そのため、短期大学部学生専用施設だけでなく、4年制学部の学生と同じ施設の利用が可能です。


Q4

Q4, どのような資格が取得できますか? 

A4.

社会福祉学科では「社会福祉士国家試験受験基礎資格」の取得が可能です。「社会福祉士国家試験受験基礎資格」については、卒業後、2年間の実務経験を経ることで、社会福祉士国家試験を受験することができます。社会福祉士は、福祉に関する相談に、専門的知識及び技術をもって応じ、助言、指導、福祉サービス関係者等との連絡・調整などを行うことを職務とします。

また、レクリエーション・インストラクター、初級スポーツ指導員の資格取得が可能です。

一方、こども教育学科では、保育士資格および幼稚園教諭二種免許状の取得が可能です。「保育士」は、保育所に勤める場合だけでなく、その他の児童福祉施設への就職などにも有利な資格として考えられます。その他、すべての短期大学部の学科、コースにおいて取得できる資格としては、社会福祉主事任用資格、本願寺派教師資格があります。

短期大学部で目指せる資格はコチラ


Q5

Q5,短大生は忙しいですか? アルバイトや課外活動はできますか?

A5.

学科の特性上、資格取得に関わる科目が多数開講されており、土曜日も授業があります。短大の2年間ですべての履修を終えるため、一週間の時間割は4年制学部に比べると過密です。ですが、アルバイトや課外活動と両立をされている短大生は多数おられます。自身の努力とスケジュール管理で充実した2年間を過ごすことが可能です。


このページのトップへ戻る