カリキュラム

こども教育学科

こども教育学科

Point1 保育の理論と実践で学ぶ多彩な授業

こども教育学科では、座学と保育実技の双方を重視した本学ならではの多彩な授業を用意しています。保育実践の充実には、保育の基礎理論の学修が必須です。

詳しく見る

理論と実践で学ぶ多彩な授業


Point2 「やりっぱなしにしない」実習教育

こども教育学科では、実習のBefore&Afterの学びを重視し、「やりっぱなしにしない」実習教育を基本としています。実習前には、実習報告書等の書き方や実習におけるマナー等を身につけ、実習後にはグループ学習で実習を通して経験した事例や課題等について、討議を行い発表します。実習で得た学びを互いに共有することで、保育者としての課題を見つめ直し、保育者として成長していきます。

詳しく見る

「やりっぱなしにしない」実習教育


Point3 保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方が取得可能

近年の社会的背景からも、保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方を持つ保育者のニーズは高まっています。こども教育学科では、卒業と同時に、保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方を取得することが可能です。こどもとその家庭環境への理解を深め、保育、幼児教育の双方の視点から「こども」を学び、将来的には、保護者に対する子育て支援も担える力量をもった保育者を育てます。

詳しく見る

保育士資格と幼稚園教諭二種免許状の両方が取得可能


このページのトップへ戻る