Need Help?

Junior College

短期大学部

北村 眞佐美

北村 眞佐美
教員氏名
北村 眞佐美(きたむら まさみ) 講師
所属学科
こども教育学科

専門分野について教えてください

保育実務経験から乳幼児の保育が専門分野です。保育は子ども自身が選ぶことができない最初学歴です。そこに携わる保育者の役割・機能は重要です。子どもの1日は生活と遊びで成り立っています。その生活や遊びを豊かな学びにどのようにできるか理論と現況の子どもとその社会状況を含めてよりよい保育を追求しています。保育者は一人一人とかかわる専門性高いものです、常に子どもと共に育ち合える質の高い保育者の養成を願っています。在宅児親子のベビーマッサージを通して子育て支援、育児相談も行い喜びのある子育てをすすめています。

これから勉強するためにしておいてほしい事は何ですか

保育は、子どもたちと遊んでいるかのように見えますが、実は一人ひとりとかかわりながら丁寧にその子どもの成長発達を援助する仕事です。画一的な対応ではなく多様な対応が必要なのです。子育て家族がどのように生活しているか、街中で見かけることがあれば目を向けて観察してみましょう。親子の会話や態度、服装や持ち物にもそれぞれ意味があります。関心を向けてみてみましょう。子どもの文化(歌や絵本、遊び等)にも興味関心をもちましょう。又保育行政がどのように変化しているかメディア等関心をもち見聞きするようにしましょう。

将来のために今できる事はありますか

保育者を目指すものとして、保育の対象は子どもですが、保育の場は、園長、主任、栄養士、事務等協働していかなければなりません。又子どもの家族や近隣の方や関連機関とのコミュニケーションが不可欠です。幅広い年齢の方と関わります。同年代だけではなく様々な年齢の方と会話できるようにしましょう。まずはいつも自然に挨拶ができるようにしておきましょう。このことは、保育者志望だけではなく、今後必須になると思います。

Request Information

資料請求